図書室の森

図書室の森

英語の勉強のために英語の絵本をたくさん読んでいるので、いいなと思った本を紹介していきます。

【クリスマスの絵本⑤】『The Christmas Tree Wish』の紹介【英語で読む絵本】

f:id:Makoto-blog:20201220220356j:plain

『The Christmas Tree Wish』

Written by Karen Inglis / illustrated by Anne Swift

英語レベル:★★☆☆☆(簡単)

本の長さ:18ページ

 

今日はついにクリスマスですね!

ここまでクリスマスの絵本を紹介する企画のようなものをやってきましたが、それも今日で最後になります。

クリスマス企画の最終回として紹介するのは『The Christmas Tree Wish』という絵本で、クリスマスツリーの願いを描いた絵本です。

クリスマスの絵本としてはサンタクロースや子どもたちをメインに描かれる作品が多いと思いますが、この絵本はクリスマスツリーが主人公という珍しい作品になっています。

 

『The Christmas Tree Wish』の内容としては、松の木のペネロペやモミの木のダグラスなど擬人化された木たちがクリスマスツリーとして子どもたちに選ばれるまでのお話です。

f:id:Makoto-blog:20201220220600j:plain

クリスマスツリーになりたい木たちのお話です。

私がこの作品の中で印象に残ったのは、木たちの中で一番小さなブルースくんが自分の枝が2本折れているのを気にして「枝が折れた木をクリスマスツリーにしたい人なんていないよ。」と言ったシーンでした。

このシーンで他の木たちはブルースくんに「完璧な木なんていないよ」と言い、自分の身体にも欠点があることを話してブルースくんを安心させていました。

こんな大人な対応が自然にできるような人になりたいです(笑)

 

とても読みやすい絵本だったので、もし興味を持ってもらえたなら一度読んでいただければと思います。

The Christmas Tree Wish (English Edition)

The Christmas Tree Wish (English Edition)

  • 作者:Inglis, Karen
  • 発売日: 2019/10/13
  • メディア: Kindle版
 

 

この本はAmazonの「kindle unlimited」の対象の本なので、月額会員になれば無料で読むことができます。私も月額会員なのですが、簡単な英語で書かれた本がたくさん読めるので、「Kindle Unlimited」は英語の多読をするには最高のサービスだと思っています。

 

今なら初回30日間無料体験キャンペーンもやっているそうなので、興味がある方は下のバナーから「kindle unlimited」に登録してみてください!